安曇野の森から> 一万円で作るブックスキャナ

はじめに

外観

旅行などの移動時間に本を読むことがよくあります。長い旅行だと文庫本数冊だけでも、気分的に、かなりの荷物に感じられるので、なんとかならないかと思っていました。

一時、青空文庫などから著作権の切れた書籍のデータをダウンロードしてPalmに入れて持ち歩くというようなことも試してみましたが、自分が読みたいものが、なかなか見つからず、長続きしませんでした。

最近、ようやく電子書籍に関する話題が盛んになってきましたが、これまでの国内出版業界の保守的な動きからして、最新の本が電子書籍として購入出来るようになるには、かなり時間がかかるでしょう。
そこで手持ちの文庫本を電子化してiPhoneやKindleで読めるようにする為にブックスキャナを作りましたので紹介します。

本を裁断して市販スキャナにかける方法が、インターネット上で数多く紹介されていますが、このブックスキャナは本を裁断しなくてもスキャンが出来るものです。
材料費はカメラも入れて約1万円です。また、材料費を安くする為、本体は木製です。

今のところページめくりは手でやらないといけませんが、スキャンに必要な時間は3〜4秒/2ページで、300ページ程度(厚さ13mmくらい)の本を約10分で電子化出来ます。

将来的にはページめくりも自動化したいところです。


お知らせ

2014年8月21日http://www6.ocn.ne.jp/~log/よりホームページ移転
2015年2月21日メニュー、パンくずリスト変更
2015年3月10日スタイルシート変更に伴う見栄えの調整



inserted by FC2 system